酵素は食品よりもサプリで摂取した方が良い理由

人気の酵素ダイエットですが、毎日の食事で酵素を摂りたい人もいますよね。そこで、読むだけで酵素を壊さない料理法、酵素豊富な食材選びがマスターできるページを作りました。しかし、実はサプリのほうが酵素を効率的に摂取できる噂もあるんです・・・。

酵素は食事ではなく生酵素サプリで摂取した方が良いと言われるのはなぜ?

ダイエットに良いと評判の酵素ですが、実は野菜や果物、発酵食品から摂る事ができます。

ただ、調理法を間違うと酵素が死んでしまう事もあるので、ちょっと難易度が高いダイエット法なんですね。

そこで、酵素をたっぷり含む食材選び、調理方法をマスターできるページを作りました。

他にも、サプリのほうが酵素摂取の効率が良い、という気になる噂の真相も突き止めてます。

食べ物かサプリか、最後まで読めば自分にとって最適な酵素ダイエット法がわかりますよ。

酵素ってどうして健康やダイエットに良いの?

まず気になるのが「酵素って何だろう、なぜダイエットにいいの?」という事ですよね。

酵素とは化学変化を促すタンパク質の一種で、食べ物の消化を助けてくれるんです。

酵素が消化を助けるとダイエットに良い影響が

酵素のサポートで消化が順調になると、カロリーを燃やすためのアミノ酸やビタミンを吸収しやすくなります。

栄養が満ちるおかげで、年齢やストレスで落ち込んだ基礎代謝が再びメラメラ燃え始め、黙っていてもカロリーが燃えやすくなるんですね。

他にも、消化が楽になる事で体力の消耗を防ぎ、運動する余力を生み出す力もあります。

食後の胃もたれやダルさ、眠くて動けない、そんな事ってありますよね。それは消化が負担になっているのかもしれません。

このままダルさや眠気に任せて動かないと、ますます太りやすくなってしまいます。

ここはひとつ、酵素の力で代謝メラメラ、胃腸スッキリ、シャキシャキ動けるボディを作ってダイエットを成功させましょう。

酵素たっぷり食材の料理法は生が鉄則!

そして大事な注意点ですが、酵素は熱に弱い性質を持っています。これから酵素が豊富な食べ物を紹介しますが、どれも生で食べるのが理想なんですね。

一般的な酵素が元気に活動する温度はおおよそ65度くらいまで、煮たり焼いたりの料理法だと活性を失い、死んでしまうんです。

野菜や果物をすりおろしたりスムージーにしたり、丸かじりでも、酵素を摂るなら生でなくちゃいけません。

酵素が豊富な食材をチェックしよう

生で食べるというルールを紹介したところで、次は酵素が豊富な食材を紹介しますね。

酵素とひとくちに言っても種類がたくさんあります。そして、食べものによって含まれる酵素も違うので使い分けが必要なんです。

酵素豊富な食品とその作用一覧表

食品酵素の種類と作用
プロテアーゼ
肉などタンパク質の分解に強い
マイタケ・ダイコン・玉ねぎ・セロリ・りんご・キウイ・パイナップル・いちじくなど
リパーゼ
脂質の分解を助ける酵素納豆
ダイコン・パプリカ・トマト・ピーマン・甘酒・ヨーグルト・チーズなど
アミラーゼ・ジアスターゼ
ご飯やパンなどデンプンを分解する
ダイコン・ニンジン・イモ類・キャベツなど
ミロシナーゼ
血行促進や殺菌成分を作り出す酵素
ブロッコリー・ダイコン・アブラナ科の野菜
パパイン酵素
タンパク、デンプン、脂質など広く分解
青パパイヤ

選ぶ食べ物によって、ご飯、肉、脂っこいものなど分解するものが変わるんですね。なので、酵素はバリエーション豊富に、数種類の食材から摂るのが理想です。

オールマイティに分解できるのが青パパイヤですが、いつでも買える果物ではありません。ここでは、手に入りやすい食材に絞って紹介しますね。

大根おろしはオールマイティ酵素料理

一覧の中でも、肉や魚のタンパク質、脂質、ご飯やパンのでんぷん質を全部消化しやすくしてくれるオールマイティな野菜が大根です。

あれこれ野菜を買うのは面倒・・・という時は、とにかく大根を食べれば良いんですね。

しかし、酵素は熱に弱いので、煮物にするのはNGです。大根おろしにして、吸収しやすくして食べるのがベストですよ。

お肉や魚の分解ならパイナップルにおまかせ

ただし、大根はタンパク質分解酵素はそんなに強くありません。お肉や魚の消化を助けるなら生のパイナップルが王様なんですね。

山形大学で行われた実験でも、パイナップルはロースハムやはんぺんを酵素分解した実績があるんです。

これと同じ理屈で、すりおろしたリンゴやパイナップルと混ぜれば肉が柔らかくなるのも酵素の力なんですよ。

納豆やチーズなど発酵食品は酵素の宝庫

ほかにも、脂質の分解に強いリパーゼは発酵食品に多い酵素です。納豆やチーズ、甘酒でおなじみですね。

脂質は消化に手間取るやっかいな栄養素です。タンパク質やデンプン質よりずっと長く胃に居座って胃腸に負担をかけてきます。

そんな時にリパーゼを摂取しておけば胃腸すっきり、負担が減って体力が持つんです。

実は、発酵食品は大豆や乳などの材料に菌を植え付け作りますが、この菌が材料を食べてリパーゼなどの酵素をガンガン作り出してくれます。

発酵食品の塩麹にお肉を漬け込むと柔らかくなるのも、この効果からなんですね。

なんと、人間は知らないうちに酵素を何倍にも増やすワザを大昔から使っていたんです。

食品から酵素を摂取するデメリットとは?

いつも食べている食べ物でも、こんなに酵素をふくむ食材があったんですね。でも、食品で酵素から摂取するにはデメリットもあります。

食品で酵素ダイエットする3つのデメリット

  • 野菜や果物を買って料理する手間が大変・・・
  • 酵素は熱で死んでしまうのでメニューが限られる
  • 納豆や大根おろしを持ち運んで食べるのは無理!

想像してみましょう。毎日スーパーで大根やパイナップルを買い、毎朝ゴリゴリすりおろす手間はかなりのものです。

しかも上で触れたとおり、酵素は熱で死んでしまうので、煮たり焼いたりできません。

いつも生で、すりおろしたりスムージーにして飲むくらいしか出来ないんです。

また、発酵食品が良いと言っても納豆をオフィスで食べるわけにもいかず、食べ物には好き嫌いだってありますよね。

「それでも頑張って料理する!」という人は良いですが、ほとんどの人はダイエットを挫折してしまいそうです。

せっかく酵素の良さがわかってきたのに、なんとかして手間をかけずに酵素を摂取する方法は無いのでしょうか。

サプリのほうが酵素が効率的に摂れるって本当?

実は、毎日摂取が難しい酵素ならサプリにしちゃえばいい!という発想から、酵素サプリという物があるんです。

酵素サプリは使い勝手や成分の面でもメリットが多いと噂ですが、本当なのでしょうか。

サプリで酵素を摂取する3つのメリット

  • 出先でもお家でも毎日サプリを飲むだけなので楽ちん
  • 生酵素サプリを選べば生きた酵素がもりもり摂れる
  • 長期発酵の成果で生野菜より酵素がたっぷり含まれる

まず、サプリなので毎日飲むだけでOKです。しかも、成分面のメリットも多いんですね。

酵素サプリは植物の発酵エキスを錠剤にしたものですが、その発酵こそがミソなんです。

サプリなら発酵の力で酵素が何倍も増えている

生酵素サプリとは、麹菌や天然の乳酸菌が野菜や果物の糖分を分解し、酵素やアミノ酸、乳酸菌を何倍にも増やしたものです。

生野菜の何倍も効率的に酵素やアミノ酸が摂取できるので、酵素ダイエットするならサプリのほうが効率が良いと言えるんですね。

しかも、商品によっては数百種類の植物をブレンドするため、豊富なバリエーションの酵素が胃に入る食べ物を種類問わずに分解します。

もちろん、大量の植物を凝縮しているので野菜不足解消にも役立つのが嬉しいですね。

1粒に生野菜の何倍も酵素と栄養が詰まってる、それが生酵素サプリなんです。

選ぶなら未加熱の生酵素サプリにすべき理由

酵素が元気に働くのは65度程度と紹介しましたが、実は生酵素以外のサプリや酵素ドリンクは加熱処理がされています。

中には熱に強い酵素を配合したものもありますが、生酵素サプリ以外は酵素が死んでしまっている事が多いんですね。

ビタミンや食物繊維、乳酸菌の一部は生き残るので健康食品として役には経ちますが、酵素が無ければ意味がありません。

選ぶなら未加熱で酵素が生きている、生酵素サプリにしましょう。

酵素はサプリで摂取した方が良い理由まとめ

  • 食品から酵素を摂取するなら大根おろしやパイナップルを生で
  • 調理や買い物が大変なので生酵素サプリで補うほうが実は楽ちん
  • 生野菜よりも発酵させて作ったサプリのほうが酵素が何倍も豊富

まとめると、食品よりもサプリから摂取したほうがずっと効率よく酵素が摂取できる事がわかりましたね。

ただ、生野菜や果物などローカロリーなものでお腹を満たすのもダイエットのひとつです。

パイナップルや大根おろしなどで酵素を摂取しつつ小腹を満たし、ご飯などの炭水化物を減らすと自然と体重が落ちてきますよ。

発酵食品を心がけて食べるのも有効なので、生酵素サプリと一緒に食生活も見直しましょう。

 
こちらの記事もよく読まれています
ページのトップへ